一平で焼鳥と酒を腹に収め、締めに幸せのレシピスイートで豪華なパフェを食らう北海道の夜は最高でした。

北海道で〆パフェが流行っているそうです。たまたま里帰りということで北海道に帰っていたので家族といっちょやってみようと言うことで突貫してきました。

〆ラーメン以上に体を酷使する行為ですね。家族総出で破滅へ一歩踏み出してます。

でも、体に悪い行動ってたいてい最高なんですよね。いやぁ、体にわるいことして生きるって最高だなぁ!(この後、めちゃくちゃダイエットした。)

室蘭やきとり 一平

北海道では焼き鳥と注文して豚が出てくる。なんてのは有名な話でしょうか。

室蘭とか函館とかで実際にそういうのを見ることができます。

今回は室蘭の焼き鳥を札幌で食します。

ドリンクメニュー

色々揃ってる。どことなく洋風なメニュー表ですね。

とりあえず生を注文します。

やってきたビールとコースター。

コースターにはジューシーな豚肉って思いっきり書いてありますね。

では、早速フードを見ていきまっしょい。

ほうれんそうサラダ

新鮮なほうれん草にベーコンがトッピング。

まずは腹ごなしということで軽いものを収め、そしてビールを流し込む。

ベーコンの塩分がたまんねぇ。

煮込み

煮込みハンターとしては煮込みを見つけたら注文せずにはいられない。

早速一口

 

….甘い。甘すぎる!!

甘辛いじゃなくて、本当に甘い。塩分どこいった!?

煮込みで甘いという謎現象に耐えられず、弟に全部を譲渡。弟はうまいうまいと言って食べてくれたので助かった。ありがとうよ。

砂肝唐揚げ

黄色人参のお花がキレイ。

レモンをきゅっと絞り、マヨをつけ、口へ運ぶ。

表面がサクッとしていて、あとからこりこりと砂肝の食感が楽し美味しい。ビールが実に合う。

やきとり(豚肉)

こちらが名物やきとり。肉は豚で間には長ネギじゃなくて玉ねぎ。

無論美味い。

タレが豚肉によく馴染む。分厚い豚丼の肉の塊を食べている感覚。

凄く美味しい。

牛焼串

一本の値段がやきとりより高い。

左上の黄色いのは山わさび。多少乗っけただけでもかなりツーンと来る。

この牛串が超うまかった。この日一番の感動。

やわらかじゅーしーで確かな肉の味がたまらん。わさびをほんの少しだけ乗っけるのも超重要なアクセント。うまかった。

長ネギ焼き

やきとりで長ネギがなかったので長ネギだけを注文。

1本に5個刺さっていて、満足度十分。

うずらの卵くし

室蘭やきとり一平名物、うずらの卵の殻がついたまま串。文字通り、うずらの卵の殻がついたままタレを付けて焼いた一品。

 

実は今回これがどんなもんなのかと言うことでこのお店をチョイスしています。

母が勧めてくれたので、では早速と口に入れます。

 

….うん、ジャリジャリとした食感が本当にダメだ。

好きな人は好きらしいですが、ぼくは1個食べただけでもう限界でした。

残りは殻をむいて食べました。それは、普通に美味しい。

つくね

タレと卵黄がよく絡む。美味い。

しいたけ

醤油バターとか本当によくわかってる。

1つがかなりでかいので満足感も大きい。

ジューシーでうまかった。

日本酒 蘭心

ビールから切り替えて日本酒にしてみました。

室蘭特別限定純米吟醸酒

というパワーワードに釣られました。美味いけど、800円は高いなぁという感じ。

きゅうり

焼きなす

 

最後にお野菜系を食べ納め、日本酒をキュッと飲み終了。

こう、絶対行ったほうが良い!

的な要素はそんなにないけど、ふっとよってさっと食べて飲んでサクッと帰る。

というのには凄く適していい感じのお店でした。

食べログ情報

営業時間  17:00〜24:00
定休日 日曜日

地図

幸せのレシピ スイート

居酒屋ネタとパフェネタを同時に書く日が来るなんて思わなかった。

北海道で流行りの〆パフェをやるために母におすすめされたお店へ。

最近だとテレビでも取り上げられている有名店。

地下1階にある入り口。すでに可愛さが漂っている。

店内はそれほど広くなく、10人とちょっとしか入らないほど。

 

そのためか、パフェを食べたらあまりゆっくりせずに離席していくスタイル。

本当に〆にパフェに来た感じ。

我々が入ったときには5分位の待ち時間では入れたが、後続の人たちは20~30分待ちな感じだった。運が良い。

メニュー

え、ちょ

なんだこれ

イラストかわいいな!

ほぼ全てのパフェにイラストが有りました。すべてを見たい人は是非お店へ。

ちなみに、こちらは全て2017/01時のメニューになります。

メニューは変わっている可能性もあるのでご留意くださいませ。

不思議な形のフォークと長いスプーンですね。

まさにこれからパフェを食べるって感覚です。

ピスタチオパフェ オオカミと夜の森

ピスタチオアイスってめっちゃ美味しいですよね。

ピスタチオの香ばしさとバニラの香り。そして甘みのあるアイスは相性が最強すぎる。

最後までアイスが詰まった美味いパフェ。

奥の方はチョコ的なやつが入っていて、この辺がオオカミの夜の森感なのかな?

 

パンプキンパフェ 少し変わった馬車

パンプキンパフェ。ということでかぼちゃです。

いやぁ、美味い。正直言って最高ですね。

 

抹茶とマンゴー 三日月うさぎの好奇心

抹茶とマンゴーのアイス。ぼくが注文したのがこちらになります。

抹茶が死ぬほど濃厚。これにメープルシロップをかけて食べるわけですが、いい塩梅に味が整って本当に美味しい。

あとマカロンが美味い。ねっとりと口に絡みつく甘さが、なんていうかこと気ばかりは心地よい。最高。

 

下の方に白玉? 的なのがって相性抜群でうまかった。

この不思議なメープルシロップ入れも渡されました。

これは栓を開けるボタンを押すと、下の方からシロップがたれてくるという一品。賢い。

 

食べログ情報

営業時間 【月~金】
19:00~翌3:00(L.O 2:00)

【土、日】
11:30~翌3:00(L.O 2:00)

ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業

定休日 年中無休(年末年始などは臨時休業有)

地図

総括

やきとりで腹を満たし、アルコールをキメ、さらに焼き鳥を食らう。

このルーチンは幸せだし尊い。

 

問題はその後にパフェをキメることだけども。

 

結論から言うと、〆パフェは最高だった。けど、あんなに最高なものを食べなくても良いと思いました。

塩分キメた後なので甘味をキメるのは問題ないのですが、如何せん量と質が豪華すぎた。

 

締めパフェはもっと落ち着いたものが良さそうです。もしくは、その前の飲み会の濃度を落とす。

パフェをメインに考えて食事の計画をたてるくらいがちょうどいい。

 

でもまぁ小難しいこと考えず、幸せのレシピスイートでパフェを食べるなら、パフェだけを狙いに食べに来たほうが満足度が高いと思います。

〆パフェにもっと良い場所は別途探してみますね。

 

それでは、また。