北海道 東京からお出かけ 焼き肉

北海道、札幌のすすきのでラムを食べるなら島田屋に行け!北海道の味覚ラムを十二分に堪能する食べ放題!

投稿日:

すすきのでジンギスカンを死ぬほど食うなら島田屋がオススメだ!

北海道にはサッポロファクトリーやだるま屋などあるが、秘密基地感、北海道地元感、なんとなく落ち着く空気感など総合してオススメ。

無論味もいい!北海道ならではの野菜や、大きく切り分けられたラムは絶品だ!

早速写真を( ゚д゚)ノドゾー

炭火deジンギスカン しまだや

島田屋

島田屋はこういうちょっと見つけにくいポイントにあります。

かなり大きな看板に「しまだや」と書いておりますが、如何せんすすきの駅からおりて、5分ほど歩き、細い道に入っていったところにあります。

....目の前にだるま屋(北海道ではかなり有名なジンギスカン屋)が有ります。それに並ぶ行列を横目にすっとこのお店へ入っていくのです。

 

自然に散歩していてこのお店に来ることは難しい。ネットで調べてもだるま屋などが先にHitしてしまうでしょう。故に知らないと行くことは難しいのです。

故に!心地よい秘密基地感なのです。

 

 

早速食べましょう!食べ放題1択だ!

島田屋ジンギスカン

今回は相方と2人で入店。

かなり雰囲気のいい個室へ通してもらえた。どうですこの秘密基地感あふれる個室。

丁度良い明るさと、人の目を感じにくい席構成。....まぁ特にこの場所が秘密基地感が凄く強いです。

お店の方に伺うと、このお店の中でも有数のベストプレイス。わざわざこのテーブルを指定して予約するお客さんが要るほどだそうだ。

いやぁ、こんないい席に通されたら高まりますよね。

 

さて、話は戻しまして、ジンギスカンというと

こんな感じのジンギスカン鍋にジンギスカンのタレを流し込んで焼いていくスタイルが一般的ですよね。

しかし、別にラム肉を食べるのに鍋を必ず使う必要はないです、島田屋はいわゆるジンギスカン鍋を使ってジンギスカンを焼かずに、炭火の七輪で焼いていきます。

炭火の香ばしい香りがたまらん。

....ぼくとしては汁はねしないし、野菜も焦げ付かないし、七輪炭火スタイル方が好きですねぇ。

味付けタレが染みた野菜も美味いのも確かですが、ぶっちゃけ北海道の野菜はそのままで十分美味いのでその必要も無いのです。

あとは好みの問題ですね。

島田屋ジンギスカン

コチラがお通し。なんだが美味いタレともやしのナムルです。もやしのナムルまじうまい。

ちょうどいい塩加減に、火の入れ方、もやしのしゃきしゃきかん。ぼくがナムル作るとどうしてもべちゃっとなるので美味いナムル作れる人本当に尊敬する。

 

島田屋では普通に一品ずつ注文していく事もできるが

とくとくコース 3500円、しまだやコース 4000円、特撰コース 4500円

という内容で、飲み放題+コースによってお代わりできる内容が変わる食べ放題。というのが楽しめます。

まず最初に一通りコースで料理が出てきて、その後にお代わりできる内容からおかわりをしていく感じです。

良いコースになれば良い料理がお代わりできる。と言う寸歩です。

ただどのコースを選んでも死ぬほどジンギスカンが食べれます。腹いっぱい過ぎて動けなくなるレベルです。

今回は滞在時間が限られていたので「とくとくコース」でさっくりと楽しみます。

 

まずはタンを食すぞ!

島田屋タン

え?ジンギスカンじゃない?

ジンギスカン鍋じゃない、炭火七輪なんだからなんでも焼けます。それをジンギスカンだけなんて勿体無い。

色々な北海道産(かどうかはわからんが)の肉を食わねばならぬでしょう。

たん美味い。もちもちコリコリがジャスティス。単以外にもカルビやサガリなど焼肉定番メニューも楽しめます。

ラム以外にも様々に楽しめるのが島田屋の大きなメリットですね。(他のお店がどうなってるのか知らないけど

キャベツ盛り合わせ

タンをもりもりと食べすすめていると出てくるのがキャベツ盛り

超うまいマヨネーズ

それを特製香ばし胡麻マヨネーズ(ぼく命名)でバリボリいただく。

しまだやのキャベツ盛りのキャベツはそのままでも強い甘みを感じるほど、しゃくしゃくとしたみずみずしいキャベツ。

キャベツの芯が柔らかくて、噛めば噛むほどに甘みが溢れ出る。たまんねぇ。

キャベツだけでお腹いっぱいにしても悔いが残らないほどここのキャベツ美味い。

さらに食べ放題プランのおかわりに含まれているので幸せです。

 

また、キャベツ盛りとは別に

サラダと野菜盛りが出てきます。サラダは「サラダ」「ラーメンサラダ」の二択なんですがラーメンサラダにするとお腹がいっぱいになっておかわりもままならないので通常サラダがおすすめです。

 

これがジンギスカン!

島田屋生ラム

島田屋オリジナルの味付けジンギスカン。

くぅ〜キラキラしてきれいだぜ。みよ!この圧巻の肉厚。うへへ

島田屋ジンギスカン

じゅわぁああああああ

ちなみに、手前は味なしジンギスカン。

味なしのオーソドックスなジンギスカンは

島田屋ジンギスカン

別にでてくるバターとすりおろしニンニクに絡めて食べます。

かぁ〜!きくぅ!

ガーリックの風味とバターの濃厚さが羊の肉汁にマッチする。最高だな

ほかにも最初にもらったなんか美味いタレにつけたりして食べます。なんか甘いタレは甘辛く、しかしどこか香ばしいような、とにかくなんか美味いです。

 

味付けジンギスカンは、甘みが強く、旨味が強いラム肉だ。

噛めば噛むほど、ぷりぷりした肉の食感と、よく付け込まれた味が滲み出てきます。たまらねぇ。

ただ、個人的には少し濃厚すぎる味付けにずっと食べ続けるのは難しい。

 

味付け=>普通=>味付け=>普通=>普通.....

 

という順番で食べていくのがぼく流。

 

焼いた肉を次々と口の中にほおりこみながらドンドンビールを投下していきます。

ずんずん胃の中に溜まっていく肉。そしてアルコールが止まらない。肉、酒、肉、酒は酒飲みは共通で理解できる幸せへの黄金パターンですよね。

 

豆知識ではありますが、ラム肉って太らないってよく言いますよね。それは羊の油の融点は人の体温より高いから身体に取り込まれず排出されるからなんです。

他にもとある栄養素がうんぬんかんぬんと理由があるわけですが、それらが総じてラム肉が太りにくいと言われる所以につながっているわけです。なんて、ヘルシーな肉なんだ。

 

島田屋もりあわせ

焼き野菜盛りや、好きな肉を追加で注文しながらだらだらと

ビールやレモンチューハイなどを食べ進めていきます。

 

もちろん焼き野菜もとても美味しいです。

が、野菜として食べるならキャベツ盛りが本当におすすめです。

ぼくはこの日だけでキャベツ盛りを3度お代りして食べきりました。

 

島田屋ジンギスカンの情報

炭火deジンギスカン しまだや

この場所は結構探しにくいし、北海道初心者だと方向感覚もつかみにくいです。

また、大勢で行くには非常に入りにくい席数です。

必ず予約していきましょう。

 

簡単な道筋を紹介しておきますと

すすきの駅の5番出口からでて、右方向に歩いていきましょう。

右側に怪しげなドラッグストアや、強烈な匂いを放つことで北海道では有名な山岡家というラーメン屋が見えてきます。

それらを通り過ぎ、しばらく歩いて人気がなくなってきたら、そろそろ右に曲がれと言う合図です。

あとはGPSやら地図やらをしっかりと確認して向かって下さい。

 

営業時間:17:30~翌5:00

 

....そう言えばそろそろ冬ですねぇ。

冬時期にこの辺りを歩くと坂道は凍りついていて滑りやすいです。

気をつけて歩いていきましょう。

 

札幌駅周辺は基本的に地下道を歩くのが基本です。

地上を歩くと寒いし滑るしで良いこと無いので、目的地に近いところまでは地下を通るといいですよー。

 

....とはいえ、軽く雪が降っていればそれがすべり止めになるのでゆき降っている方が安全だったりもします。

あとは、ペンギン歩きをマスターするといいですね。

普段「ざっざっざっ」と歩いていくのに対して「ペタペタペタ」と地面と摩擦が発生しないような歩き方をすると、滑りようがないので良いあるきかたです。

オススメ。







-北海道, 東京からお出かけ, 焼き肉
-, , , ,

Copyright© ぶらり東京エンジニア生活日和 , 2017 All Rights Reserved.