東京に住むなら一度は憧れる草津に温泉旅行をしてきたよ!行き方から必須で抑えておきたいポイントを纏めました!

東京で消耗した体を癒す方法は?

睡眠もまぁいいけど、やはりここは命の洗濯をするべき!そう。温泉に行かなくてはならない。そしてその温泉は草津であるべきだ!(?)

と、いうことで草津に行ってきましたのでレビューです。

そもそも、東京から草津にはどうやって行くの?

草津は群馬県の北西部にあります。そのため、まぁまぁ距離がありまして…

新宿から車で移動するとおよそ3〜4時間ほどかかる場所にあります。今回1泊で草津に行ってきましたので、それ基準で移動法を紹介しときます。

移動方法 往復の料金 片道の時間 疲労度
車・レンタカー 1泊分でおおよそ1万円前後 4時間程度 ドライバーがめっちゃ疲れる。
バス(新宿発) 8000円ほど 4時間程度 中程度疲れる。
電車(東京・上野発) 鈍行なら8000円ほど。特急なら1万円強必要 3時間程度 乗り換えや、途中バスでの移動が必要。中程度疲れる。

まぁ、こんなところでしょう。運転はしたくないのでレンタカーはなし。バスなら乗り換えも発生しないし楽な上、宿泊プランと一緒になったやつがあったので今回はバスで草津旅行をしてまいりました。

お得なバス移動&宿泊プラン

宿泊先はホテルヴィレッジを選びましたよ!

ここだと新宿発のホテルヴィレッジ ホテル直行バスプランというのがあるので、今回はそれを利用した形です。移動の手配をスパッと省略できるので楽ちんだ。

パスプランは新宿を朝10時に出発し、14時に現地へ到着。翌日の14時半に往復バスへ乗車して18時半に帰宅する流れ。24時間草津を思いっきり満喫するぞぉ〜。

さて、移動方法の話はこれくらいにして、早速草津レビューを見てってくれ!

09:50 新宿 東京都庁大型車駐車場にて集合

都庁の裏側?的な場所に大型バスがたくさん停車できるスペースが有る。都庁内部にも入ることができるので、トイレなどは集合場所に来てからでも間に合う。また、かなり見つけにくいけどセブンイレブンもある。飲み物や軽食を買っておくと良い。

途中にサービスエリアトイレ休憩用に道の駅に立ち寄るので、14時までのつなぎで軽く食べる計画をねっておくと良さげ。

結構早めの9:30についたんですが、全く人の気配がなく、「え?集合場所合ってるの???」と旅行の開幕から不安になる。

9:45頃にお兄さんが「ホテルヴィレッジ行きバスへ乗車する方いらっしゃいますか」と声がけが始まる。ここでようやく安心する。

 

10:00の予定通りにバスは出発。ここから休憩場所につくまで友達と遊んだり寝たりするわけだが、やはり4時間はかなりきつい。

変に寝てしまうと首周りの疲労感が尋常じゃないので快適に寝たい人は首に巻くタイプの枕を持ち込むのが良さそうだ。席の両サイドにコンセントがあるので手持ちの電子機器は充電しながら使える。なのでゲームとかで時間を潰すのも良さそう。

14:00 ホテルヴィレッジに到着!!

途中道が混雑していたので少し遅れたけどなんとか現地へ到着。大自然に囲まれていてテンションがぶち上がる。

15時からチェックイン開始っぽいが到着直後から普通にチェックインできた。バスで来るとちょっと違うのかな?

部屋。一番安い部屋を頼んだわけだが、それでも超絶いい部屋。ベットが少しかたいなぁと思った以外、不満点はないです。

14:30 湯畑へGO!!

部屋に適当荷物を押し込んだらホテルヴィレッジから湯畑近くへのバスターミナルへ巡航バスが出ているので、それに乗車して移動開始。

途中の道はなんかちょっと寂れた温泉街みたいな感じ。少し硫黄?のような匂いがする。そして暫く進むと

あああああああ湯畑ぇえええええええええ!!!

東京に来て5年目の私ですが、人生の目的の1つ草津に行くが完了した瞬間です。ひとがめちゃくちゃいて撮影が大変ですわ!!

第一印象は「ああああこれテレビで見るやつだすげぇえええ!!」なんですけど、一旦落ち着いてくると「思ってたよりこじんまりしてるな」という感想になりました。あれだね、テレビは壮大に見せるのがやっぱうまいんだな。

湯畑自体はゆっくり歩いても5分位で一周できる規模感、その周りに所狭しと温泉まんじゅうやら蕎麦屋などが密集している感じです。意外とアットホームな感じ。

15:00 上州麺処 平野家で100日舞茸天ざるを食す!

photo by google map(安定の撮り忘れ)

こちらにお邪魔しました。宿と併設されている蕎麦屋です。入店すると早速あったかいお茶と先付け?の酸っぱい山菜が登場。

まだ始まったばっかりだけどこの酸味が疲れに染み渡る。そば茶も美味い。一旦移動が終わったことによる安堵感が半端ない。

100日舞茸天ざる 1,650円 1,650円

あーゴージャスぅ。

100日まで育てた舞茸を天ぷらにしたもの。通常よりも肉厚で栄養価が高いとかなんとか。

かぶりつくとそれはもうなんていうかジューシー。サックサクのパリッパリで美味い。

そばもサラサラっと食べられるあっさり系。麺は柔らかく、チュルチュルいける。美味い。

ただちょっとやわらかすぎて食べごたえがないようにも感じる。天ぷらの旨さにそばがやや負けている印象。つゆも素材の味を活かすためなのかやや味が薄めで出汁の味がほんのりする感じ。

総評としてはなかなか満足。舞茸天はかなりうまかった。が、そばはもっと味濃いものがいいなぁ。といった具合。

食べログ:上州麺処 平野家

15:40 ふらふらと周辺を散歩

湯畑周りを軽く散策。

 

温泉卵を購入。

 

16:20 草津温泉 熱乃湯にて湯もみを見学

湯もみと踊りショー

湯畑というと、湯もみは見ておかなくては行けないですね。夕方とかに30分おきで開催してます。多分その時間になると列ができるのでわかりやすいと思われる。

また、入場には大人600円の観覧券を買わないといけないです!並んどけばいいや〜と油断していると、入場できませんよ!

入場すると湯もみガールズと名乗る熟女の方々が湯もみを実演してくれる。

その後、20人前後湯もみ体験ができる。奥の左右のところから入って実際に湯もみできるんだけど、今回2階で見学していたので体験をスルー。

だばー!

最初はゆるゆるやっていたが、最後の方は大迫力で湯もみしてくれた。草津の温泉は基本的にあっつい。それを短い時間でガッと入るのが草津流とのこと。

なので湯もみは50度くらいのお湯を43度くらいに冷まして、そこから3分位ガッて入浴する技らしい。長湯はできんのぉ。

17:00 草津の奥へ 草津最大級の温泉、西の河原露天風呂へ!!

西の河原露天風呂が大層心地が良い!という話を聞いていたので向かうことに。

湯畑から15分ほど歩いた場所にある。ということでてくてく歩いて進んでいく。

道中はこんな感じ。

途中で暖かそうな卵を発見し2個めを食す。美味い。またガラス屋も併設してたので中もちらっとみた。ガラス製品きれいだなぁ。

流石に写真は取れないので公式から秋の写真を引用

西の河原露天風呂 温泉詳細

こんな感じの風呂に入ってきました!最高!

ただ、残念ながら僕らがいったときはガンガン雨が降っていて、なおかつ夜だったのでこんな綺麗な感じではなかったです。が、あっついお湯と冷たい雨がちょうどいい塩梅になって気持ちよかった。

現地でタオルを購入できるので、手ぶらで来ても大丈夫。また、体を洗う施設はないので入浴するだけで終了です。お気をつけください。

帰り道はすっかり暗くなっていたんですが、雅なライトアップがされていて帰り道も楽しかったです。

18:00 だらだらと過ごす

夜はお酒の時間だ!!!ということで夜ご飯がこのあと待ってるにもかかわらず軽く晩酌を始める。

夜の湯畑の景色を眺めながら焼き鳥食いながら日本酒を飲んだり、あげまんじゅうを購入して食べたり…

結構サクサクしてうまかった。

湯畑のそばに足湯があるんですが、夜だとがらがらですんなり入れる。広い足湯を独占しながらぼーと一日を振り返る。最高。

19:30 ホテルへ戻り晩御飯食べ、ボウリングをし、温泉に入り、ワードウルフで遊ぶ。

バイキングディナー

雑な盛り方をした晩御飯の様子。ホテルに戻るとバイキングが待っていた。大量の蟹の足や和洋折衷の数々。オレンジジュースを片手に欲望のままに飯を頬張る。最高。

ボウリング

今回予約した宿泊プランにはリゾートパスポートと呼ばれるホテル内施設を無料で遊べるチケットが付いていた。別途シューズレンタル代は必要だが1ゲーム無料だったのでサクッと遊んだ。

ホテル温泉

「湯畑」の源泉を引く温泉大浴場

Spa at Hotel Village より写真を引用

室内風呂。サウナはなかったが、ぬくぬくと暖かいお風呂…いやちょっとあついか。長湯はするような温度ではなかったです。

でもぎもぢいい

露天風呂。10月に行ったので肌寒い感じと暖かいお風呂と相まって、長湯が永遠とできる最高空間。

問答無用でぎもぢいいい。ただ、草津の湯質的に長湯しすぎると良いを通り越して肌の油分が全部死ぬので適度なタイミングで上がりましょう。何事も適度が大事。

ワードウルフで遊ぶ

部屋に戻り、今回一緒に旅をしている人たちとビール缶を開けながら「ワードウルフ」という遊びで遊びました。これが最高に面白い。スマホのアプリで配信しているので、ダウンロードすればすぐ遊べる。

ルールとしては全員に「恋人と過ごす」「家族と過ごす」のような2つのキーワードが配られるんですが、人数が偏って配られます。みんなは自分が持ったキーワードを隠しながら話をして、多数派は少数派を見つけ出し、少数派は多数派に紛れ込む。という遊びです。

単純だが奥が深くて面白い!!おすすめ!!

 

09:00 2日目! フォレストアドベンチャーで体を動かす!が…?

早朝7:00に起床し、朝食バイキングへ移動するが….なぜか絶不調。

飲み過ぎか?食べ過ぎか?…心当たりが多すぎる。朝ごはんが全く胃に入らない状態で温泉に入ったり横になったりと回復を図る。もったいねぇー!

本来であればホテルに併設されている「フォレストアドベンチャー」のマスターコースに挑む予定だったが、僕だけフェアリーコースという短いコースをプレイ。体調は良くなかったが程よく体を動かす事ができて楽しかった。

こちらはマスターコースの最後であるターザンロープをプレイする友達の写真。

めちゃくちゃ高くて遠い位置からかなりのスピードに乗って移動している。楽し怖そう。次はやってみたい。

 

部屋のチェックアウトは12時とかなり遅め。朝にアクティビティを堪能したあとでも余裕で荷物を整えてチェックアウトできる。今回は11時半頃にチェックアウト。

クロークが用意してあるので、そこに持ち運びが必要ない荷物をすべて預ける事ができる。便利やなぁ。

残りの時間を満喫するべくホテルの外へ歩を進める。

11:30 草津ラスクで無限のカロリーを摂取する!

有名な草津の銘菓で「草津ラスク」というのがある。ここで非常にハイカロリーが摂取できると言うことで訪問。

入店すると早速無限試食コーナーがある。しかしその後ろのポスターに注目。500円でジェラート食べ放題!?

早速食べ放題へ

1階のレジに行き500円を支払い紙コップを入手する。そのあと2階へ移動するとこんな

  • バニラ さっぱりとして美味い。もったりとした甘い食べごたえはまさに王道。
  • ヨーグルト 酸味がきいていて、バニラ以上にさっぱりしていて、チョコのあとに食べると回復する。
  • ミルクチョコレート バニラが少し聞いたチョコソフト。
  • ブラックチョコレート こいつがやばい。圧倒的な濃厚チョコと苦味は口の中を糖分で蹂躙する。最高。バニラと半々で食べるとちょうどいい。

の4種類から無限にソフトをひねり出せる。

なお、お好きなトッピングがやり放題

こんな感じでチョコスプレーやらラスクが乗せ放題。

おいおいおい、天国かよ!!!!

お店で購入するラスクがここでも無限に食べれる。やばすぎる。

ただソフトもラスクも甘いので、食べ過ぎには注意だぞ!

12:10 いいやま亭で釜飯を食す!

photo by google map(撮り忘れた!)

ということで最後の草津飯は釜飯です。

メニュー

ああ全部うまそうだな….

まぁせっかくなんで、舞茸入ってるやつにするかな!

鳥山菜舞茸釜めし 1500円くらい?(値段忘れた)

あったかほかほか。出汁の味がしみるぜぇ。

2膳くらい入ってて、見た目以上にボリューミーでした。アイスを大量に食べていたぐいは最後の方苦しそうにしてましたわ….

13:00 最後に一風呂したい! 薬師の湯 湯元館で湯畑の高温を堪能する!

上州草津温泉・薬師の湯

湯畑の源泉をそのまま楽しめるということで釜めしを食べたあとにダッシュで入浴しに移動。

800円を支払い、湯船へ移動。

群馬のグルメ・タウン情報サイト【だんべー.com】より画像を引用。

場所が湯畑にめちゃくちゃ近いということもあり、空間自体はかなり狭い。5人ほど入れるような空間になってる。

お湯の温度はThe 草津!と言えるような熱さ。思わず「あっつ!」と叫ぶレベル。だが、それをこらえて体を沈めると、体の芯がぐぐっとあったまる。自然と「あ”あ”あ”あ”あ”」と口から漏れるベクトルの違う気持ちよさが体を満たす。

時間がないってのもあるけど、熱すぎて長湯はできない。さっくり15分ほどで退出。しかし想像以上に体がポカポカするし、入ってよかった!という充足感がすごい。草津最高。

 

最後に2色あんのまんじゅうを食べホテルへ帰還。あとはバスの時間を待つだけ….の状態に。

じわって舌に広がる甘さと、2色ならではの柔らかなめらかな食感が良かった。

15:30 東京へ帰還….

バスが道中渋滞に巻き込まれたらしく、出発が1時間遅れるアクシデント。24時間満喫しきった我々はホテルのロビーにあるソファーでぐったりとダウン。

 

バスに乗り込んで、新宿に舞い戻ったのは19:30となりました。バスや車の移動だとこういうトラブルがあるから大変ですな。

電車だとこういう問題が回避できるが…悩みどころですね。草津は遠いなぁ。

草津旅行終わり!! 総括:最高!!だが移動が辛い!

温泉は気持ちいいし飯はうまいし自然は豊かで体も心も大満足。

なのだが、その満足にたどり着くまでがちょっとつらい!移動を快適にするための道具を持ち込まなかったのが悪かった…

次同じツアーを利用するときは

  • 首に巻く枕を持ち込む
  • 長時間の座り込みが楽しくなるアイテムを持ち込む
  • Nintendo Switchなど暇をつぶすゲームを持ち込む

これくらいはやろうと思いました。

 

でもそれ以外はもう本当に最高。フォレストアドベンチャーは絶対リベンジする。冬に来るとウィンタースポーツも楽しめるようなので、それにもチャレンジしていきたいですな!

では、また!