麹村で角煮定食食べたら幸せ係数上がりまくって午後のお仕事も頑張れた

さて、今日のお昼ごはんを紹介しよう。今回は、麹村の角煮定食が凄く良かったのでご紹介だ。

角煮っていいよね。好きな人は好きなあのとろとろな脂身。ジューシーなお肉。最強。

肉会のヒーローとも言っても良い。そんなうまい情報が半蔵門、麹町駅付近で働くサラリーマンの皆へ届くと願って記事にします。

麹村

角煮定食 980円

もりもりの定食です。

980円というランチにしてはなかなか高めですが、様々な食物がついてくるので値段相応な感覚。

 

そして、角煮がでかい。

うれしいですねぇ。

 

もちろんとろっとろである。

最高ですねぇ。

 

もちろん煮込まれているので、箸ですっと切れ目が入ります。

食べやすいですねぇ。

 

…すっと口に入れると、まずは脂身の幸せが口いっぱいに広がる。

これが苦手な人は別のメニューが良いでしょう。

 

次に煮込みのタレの味が広がる。やや甘めに仕上げられた角煮のタレは、後から塩分が追いかけてくる。

ゆっくりと口の中で噛んで味わい、口の中に塩分を感じてからご飯を入れると最高でしょう。

 

半熟卵はタレと一緒にごはんにかけてしまうのがぼく流。

ごはんの上でまばゆい黄身をお出迎え。そこに角煮をくぐらせ、一口。

そして後追いで卵とご飯で追いかけさせる。

 

控えめに言って至福。これで午後頑張れる。

 

このお店はご飯を五穀米に変更したり、大盛りにできます。

五穀米のほうが栄養価が高くおすすめではあるんですが、ごはんの味が強くなり、角煮の味がぼやけてしまいますので、ぼくはいつも白米です。

また、大盛りは注意が必要です。なぜなら、このあと眠くなるからです。

 

もしやっちゃった場合はコーヒーを早めに摂取するなどで対策を打ちましょう。

コーヒーは飲んで1〜2時間してから効果が出ますので、眠くなってからだと手遅れになります。

 

最後に、ランチだとヤクルト的な乳酸飲料をもらえるので、それを〆に午後一日頑張りましょう。

 

あと、どうでもいいですが、箸置きは箸の袋を折って作った自作です。

野菜と角煮の板前カレー 900円

別日にまた会社の人と来ました。

ちょろっとカレーから角煮の姿が見えますね。

 

もちろん同じもの? なのか、ものすごくトロトロで美味い。

ただ、メインではないのか小ぶり。ちょっと残念。

 

カレーは旨味が強く、そこそこ美味い。

スパイスは結構効いていますが、そんなに辛くはない。

また、野菜が溶け込んでいるのかとってもヘルシーな感じ。

僕的にはもっとガッツリ肉が入っていても良かったんですが….

 

まぁぼくの好みはさておき。

生野菜や、味噌汁などもついているので栄養バランスはかなり良いですねー!

不足しがちな社会人の栄養がこれ一発で摂取できると思うとなかなかいい感じ。

900円払ってでもたまには食べに行きたいお店ですね。

店舗情報

[食べログ情報](https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13011113/)

営業時間 月~土 11:00~14:30(L.O.14:00)
ランチはクレジットカードでのお支払はできません。
現金会計のみとなりますので予めご了承ください。月~金 17:00~23:30(L.O.22:30)
土・祝 17:00~23:00(L.O.22:00)ランチ営業
定休日 日曜日

地図

お店の付近まで行くと看板がでっかく出ているので気づきやすい。

天井が低く、階段が狭いので注意。

総括

ぶっちゃけ夜は行ったこと無いです。

ただ、お昼ごはんは色々なメニューが有り、とても良い。

 

お味噌汁が大体のメニューでついてくるのですが、これがややしょっぱいと感じる人もいます。

なしにすることもできますので、気になる方は注文の際にお伝えしましょう。

 

それでは、また。